最新ニュース イントロダクション ストーリー スタッフ&キャスト キャラクター ギャラリー&動画 スペシャル オープニング&エンディング リリース メディア ブログ
ストーリー、次回予告 キーワード
第3幕 「ランディとペッチョはパーティの準備で忙しい」
チャイナタウンの路地にその新聞社はあった。表向きは新聞の発行、だが裏では情報の売買を 生業としている情報屋、デイリーデイズ新聞社。やって来たルノラータのマフィアは、英語版の デスク、ニコラスに情報提供を求める。後刻、ジェノアード家の令嬢イブもまたここを訪れる。 両者が求めるのは同じ情報。それはダラス・ジェノアードの行方だった。 時は一年遡る。イーストビレッジの倉庫で、バーンズは「不死の酒」の完成品の醸造に成功する。 ところが、突然倉庫が火事に襲われてしまう。二本の酒を持ち出して逃げたバーンズは、地元の 不良少年たちに因縁をつけられ襲われる。そのグループのリーダーこそダラス・ジェノアードであった。
一方、大陸横断鉄道の車内では、今まさに各々の計画が実行に移されようとしていた!!
脚本:高木 登 絵コンテ:寺東克己 演出:米田光宏 作画監督:米田光宏・久木晃嗣
―キャストコメント3 ラック役子安武人さん―
今回ラックという役を演じる機会を頂いて大変嬉しく思っています。第2話はお休みでしたが 第3話には少し出てきます(笑)。「バッカーノ!」には「不死者」と呼ばれる不死身の人間が 出てきますが、考えてみたら”不老不死”ってすごいことですよね。永遠に時間があるという ことですから。(笑)。僕も不死者になって長い長い人生をもっともっと楽しみたいです!!」
メールマガジン バナー&リンク お問い合わせ
(C)Ryohgo Narita・Ascii Media Works/Project Baccano!